DQMSL ふくびき

【DQMSL】ちいさなメダル、よくばりチャンスの結果

 

こんばんは。えいたです。

2018年6月20日:ちいさなメダルよくばりキャンペーン開催

メダルDEフィーバーを引くため、大量のちいさなメダルが必要です。

1回引く(ちいさなメダル50枚) → 大半のユーザを置き去り

しかし、毎日ログインしていれば・・・チャンスはありました。

毎日5枚支給、合計50枚の「ちいさなメダルチケット」をゲット!

2通りの使用方法があり、あなたの性格次第です。

 

スポンサーリンク

ちいさなメダルチケット

・2種類のくじびき、どちらを選択しますか?
①1万円ゲットの権利(確率:100%)
②11万円ゲットの権利(確率:10%)
期待値は②ですが、日本人は①を選択します。
1万円を逃す後悔の方が大きく、ギャンブルができない性格だから。

「交換所(安定)、よくばりチャンス(ギャンブル)」の選択肢、どちらが正しい?

交換所

チケット1枚 : ちいさなメダル40枚

40枚 × 50 = 2000枚

よって、2000枚が基準です。

よくばりチャンス

チケット1枚 : ちいさなメダル10、30、40、80、100、777枚

確率は非公表、2000枚未満に注意!

交換所と期待値が同様の場合、777枚が鍵を握ります。

777枚を引けば勝ち組。しかし、10枚が最も高確率?

 

よくばりチャンス

「2000枚ゲットしました。」

交換所を使用 → ブログの記事にならない

あなたが気になることは、よくばりチャンスの確率ですよね?

様々なサイトからデータを収集すれば、正解を判断できます。

50回引きました

777枚の瞬間を確認するため、あえて1枚を50回引きました。

記念の1回目

良い感じ、3連続で80枚でした。

10枚を引く

5回目で引く、テンションダウン!

40枚が多い

ハズレ・当たりでは無い枚数 = 40枚

最低限の枚数に安心しますが、目標は777枚です。

777枚は0回

なんとなく、予感していました。

10枚を連発する勢いが無ければ、777枚はノーチャンスです。

ハズレ無しの777枚は、虫が良過ぎるから。

考察

・ちいさなメダルの枚数と回数
10枚:3回(6%)
30枚:6回(12%)
40枚:20回(40%)
80枚:16回(32%)
100枚:5回(10%)
777枚:0回(0%)

2000枚突破、交換所の約1.4倍でした。

777枚の大当たりは無くても、ギャンブルは大成功!

結論:交換所より、よくばりチャンスの方が満足

80枚の割合も高く、ハズレ(10枚)をカバーしています。

 

さいごに

無料支給のチケットですが、モンスタークレーマーは存在します。

よくばりチャンスの確率非公表:運営様の遊び心

ユーザを満足させる自信があるから、訴えられる心配が無い。

つまり、交換所より期待値高めと推測します。

 

広告(関連)

-DQMSL, ふくびき